カラコンの使用期限はいつから数えるの?!

開封日を忘れずに、使用期限は必ず守ろう

 

カラコンには、必ず使用期限が設定されているよね。
ワンデーのものは1日、マンスリーなら1ヶ月、1年間使えるものもある。

この使用期限は、実は初めて使った日からスタートではなく、初めてパッケージを開けた日からスタートって知ってた?
しかも、使った日数分ではなく、開けたら最後、1回も使わなくとも期限が来たら使えなくなっちゃうんだ。

1ヶ月タイプのカラコンを、「このカラコン、開けてから2ヶ月経ってるけど、週末しか使ってないからまだ10回くらいしか使ってない。だから大丈夫」なんていって使ったら、全然大丈夫じゃないの。
期限の切れたレンズを、いつまでも使っていると、目の角膜を傷つけてしまうんだ。
結果、視力が低下したり、目の病気にかかったり、最悪失明につながることもあるんだよ。
カラコンは、眼球に直接触れるものだから、たとえ期限内で、パっと見は綺麗にみえていても、少しでも目に違和感を感じたら、すぐにカラコンを外して眼科で検診を受ることが絶対だよ。

ましてや、期限を守らないなんて絶対ダメだからね。

だけど、期限や開封日を覚えておくのはなかなか難しいよね。

カラコンをひとつしか持っていないならともかく、今やおしゃれのマストアイテムだから、いくつも持っている子がほとんど。
使用期限もバラバラだと、勘違いや覚え間違い、ど忘れだってしてしまう。
そんな時には、まず開けた瞬間にパッケージに油性ペンなどで開封日と最長期限を書いておこう
こうすれば、箱がある限り間違えないよね。
ただ、かさばるパッケージは捨ててしまう人も少なくない。
だけど、保存液と一緒にレンズを入れるレンズケースに直接書き込むのは、なんだか不衛生。

そんな時は、ふせんに開封日や最長期限、書き込めそうならなんのカラコンが入っているかを書き込んで、レンズケースに貼っておこう。
そうすれば、間違えずに瞳の健康を守れちゃうよ。

ちなみに、使用期限はあくまで最長であって、使い方やケア方法によってはそこまでもたずに劣化してしまうこともあるの。>違和感を感じたら、期限前でも思い切って捨てようね。

また、完全な未開封カラコンでも、パッケージに使用期限が刻印されているの。
最初に入っている保存液がもたなくなったり、レンズが液の中で劣化したりと、いろいろな理由で定められている期限だから、開けていなくてもこの期限を超えてしまったカラコンは捨てるようにしようね。

 

カラコンが行方不明になるってホント?

 

カラコン初心者さんが、よく不安に思っている、だまされやすい嘘。
その有名なものが、カラコンが目の裏側に入り込んで、取れなくなってしまうというもの。
誰もが一度は聞いたことがあるけれど、100パーセント嘘だよ。
人間の目は、奥が行き止まりになっているので、多少中心からレンズがずれることはあっても、目の裏側に入っていって、カラコンが見つからなくなるなんてことは、構造上ありえないの。
レンズのずれも、自分の瞳のベースカーブと合っていないカラコンを使っていたなど、正しいデータを眼科で調べて使い方を改めれば、ほとんど起こらなくなるよ。
ただし、注意すべきことも確かにあるんだ。
それは、カラコンが目の中で曲がってしまうこと
カラコンはソフトレンズだから、ふにゃふにゃと柔らかく、曲がりやすい。
頻繁に目を強くこすりすぎると、ふとした瞬間にレンズが折れて目の奥でくしゃくしゃになってしまうことが、ごくまれに発生するの。
ほとんど起こることは無いけれど、そうなったら無理にとろうとして瞳を傷つけることが無いように、すぐに眼科へ行くようにしようね。
カラコンは、正しく扱えばなんの問題もないおしゃれアイテム。
お気に入りのカラコンを見つけて、おしゃれを楽しんじゃおうね。

 

 

くみっきーカラコン
TOPへ戻る